2009年08月25日

税理士業界の裏のウラ

従来広告・宣伝を禁止されていた会計事務所業界では、顧問先企業の移動はそんな頻繁なものではありませんでした。


ところが、広告・宣伝が可能になり、一部の会計事務所がホームページで情報発信をし始めると、

「知り合いに紹介された」「たまたま近所の先生に頼んだ」といった比較的帰属意識の低い層から、

“依頼する税理士の変更”

という現象が起こり始めました。



では、税理士変更はどういった理由で起こるのでしょうか。icon09




大きく3つの理由があります。



 
一番目は、価格の問題です。okoru




創業したての企業はできるだけ安く押さえたい。
伸び盛りの企業は、税務決算以外にも付加価値サービスを期待したい。


そういった顧問先企業ニーズと税理士が提供するサービスと価格に、ギャップが生じる場合です。



最近多いのが、「今のサービスのままであれば、もっと安い税理士に変えたい」というケースです。
つまり、付加価値の低いサービスしか提供できないと、価格競争に巻き込まれ、生き残ることが難しい時代になってきているのです。




二番目は、サービス力の問題です。enpitu2


最近あったケースでは、

「業務上の問題に対応してくれない」kao9
「同業他社の情報が少ない」kao10
「税務決算だけで、経営の相談相手にはならない」icon07

というものがあります。



当然お互いに言い分はあり、価格との相関関係があるのも事実ですが、顧客サイドに立った視点がまだまだ希薄な業界であるのも事実であり、今成長している会計事務所は、こういった声をキャッチして大きくなってきています。



三番目は、所長の人柄です。



人間誰しも相性があるとはいえ、「何でも相談に乗ってくれる」「レスポンスが早い」先生は、高い評価を得ています。話しやすく、相談しやすい、そして細かくサポートしてくれる税理士こそが、人気の税理士像ではないでしょうか。



サブプライム問題に端を発した金融恐慌の影響が実体経済にも影響を及ぼしつつある今、資金繰りなどは中小企業の切迫した経営テーマです。それらを一緒になって解決してくれるかどうか。




税理士は、選び方によっては単純な“コスト”にもなり、時には貴重な“命綱”にもなる。




それは、経営者の眼力にかかっているのです。 rose


  


Posted by タックス君 at 20:57Comments(0)税理士

2009年08月25日

手ごたえありの税理士選び

山形には様々会計事務所がありますが、その中でも圧倒的な割合を占めているのが、この個人商店タイプの会計事務所です。



個人商店タイプの事務所の所長は、会計事務所を2、3箇所渡り歩いて独立した30代の税理士もいれば、国税庁を退官し事務所を開設したベテランまで様々です。マンションの一室もしくは小さなビルに事務所を構え、所員もしくは事務員が数人というこのタイプの会計事務所の大きな特徴は、“所長が全て” ということです。



提供するサービスの内容も、臨機応変な対応力も、それらは全て事務所のトップである所長自身の腕にかかっていると言っても過言ではないでしょう。



ではユーザーから見れば、どういった点に注意すれば良い先生を見つけることができるのでしょうか。


まず第一に、ホームページを持っているかどうか。


新規の顧客開拓だけでなく、既存顧客とのリレーション強化にも大きな効力を発揮するホームページを、これだけインターネットの時代になっても持っていないということは、時代感覚的に疑問視されかねません。



次に、ホームページや出版物といった広報メディアの中で、具体的な事例を挙げているかどうか 。技術に自信のある人ほど、わかりやすくそれを伝えようとします。知らない人に対して一番信用が得られるもの、それは主観に左右されない具体的な事実(実績)です。



ユーザーのニーズに対して、その事務所が提供できるソリューションをきちんとわかりやすく説明しているかどうか 。また、そういったことが重要だと感じるセンス。それらは、これから長いお付き合いをしていく上で最も重要なコミュニケーション能力を図る重要な判断材料と言えるでしょう。


ホームページで過去の経歴を見れば、その先生の考え方とサービス力はかなりイメージはつきます。


最後は、ズバリ人柄です 。


人間には、必ず相性があります。どんな優秀な先生でも、“合う、合わない”は必ずあります。困った時に、何でも相談できそうかどうか。すぐに折り返し電話くれそうかどうか。kao8


実は、ここが税理士選びの一番重要なポイントなのです。

山形の税理士探しはお任せ下さい→詳しくはこちら


  


Posted by タックス君 at 20:29Comments(0)税理士

2009年08月25日

これだけは知っておきたい税理士の仕事

全国には、様々なスタイルの会計事務所があります。その中でも、ビックフォーと言われる大手監査法人に準ずる規模を誇り、幅広いサービスを展開するのが百貨店型会計事務所です。



従来、会計事務所は税務だけの単一サービスですが、このスタイルの会計事務所は規模とサービスの多様化で差別化を図り、その組織と人員は企業と全く同じです。



税務業務の周辺には、実は非常に多くのビジネスチャンスが広がっています。



例えば、ラーメン店を経営しているオーナーが税務業務を税理士に頼む場合、通常は毎月の経理の自計化を行いながら、決算書の作成で終わります。しかし、コミュニケーション能力の高い税理士の場合、様々なシーンが誕生します。



「先生、実はうちの父が高齢で、今から相続対策の準備をしておきたいんですが…」kao12

「うちのお店で使う食器を全て変えたいんですが、いい業者さん知りませんか?」kao9

「今度新たに出店したいんですが、良い物件を知っている不動産屋さん紹介して頂けませんか?」icon25



経営の内情を全て明かしている精神的なつながりもあるのでしょうか(笑)、税理士の存在はコミュニケーションの取り方一つで、非常に大きな存在になれる可能性を秘めているのです。



総合サービス化を進める百貨店タイプの会計事務所は、そういった顧問先企業に内在する様々なニーズを体系化し、専門のスタッフを揃え、対応することで大きくなってきたのです。



最近ではその業務領域も、システムのコンサルティングから、不動産や債権の証券化、M&A、企業再生、事業承継、相続対策、資本調達など多岐に渡っています。



月次の経営会議に出席し、数字の意味を提言しながら、収益向上のためのアドバイスから、組織改革までアドバイスしてくれる会計事務所もあります。ここまでくると、通常のコンサルティング企業が提供するサービスと全く変わりません。


しかも、会計事務所はその企業体の経営数字を一番把握しています。それは病人の詳細なカルテを持つ医師と同じように、企業を正しい方向に導ける有力な外科医になれる存在なのです。



ある大手会計事務所の所長が、「経営を形にすると会計であり、会計とはアートだ」と仰っていましたが、その通りだと思います。



会計には企業価値を図る側面があり、同時に経営実態を正しく反映する側面もあります。だからこそ、経営改善の貴重な台帳になり、サービスの基にもなれるのです。

山形の税理士探しはお任せ下さい→詳しくはこちら


  


Posted by タックス君 at 20:07Comments(0)税理士

2009年08月25日

私たちを賢く使う!知らないと損する税理士の業務

経済のグローバル化が急速に進む中、日本の企業の中にも海外に進出する機会は増えています。大手メーカーが現地に生産拠点を築くケースもあれば、子会社を設立したり、合弁会社を設立したり、その形態は様々です。


日本企業の海外進出に伴い、それに付随した会計業務を得意とするのが、海外業務に特化する専門店タイプです。



総合百貨店タイプは、通常の税務業務の周辺ニーズをサービス化することで大きくなってきたという成長プロセスを踏むのに対し、海外業務に特化する専門店タイプは英語を中心とした語学スキルは勿論、高度な専門性を最初から保有しているケースが多いのが大きな特徴です。



通常税理士の業務は、大きく3つあります。

1.記帳代行や申告代理といった代行業務
2.税務の法令解釈等のアドバイス
3.税務戦略や経営戦略に積極的に関わっていくコンサルティング的業務


特にこの専門店タイプが強みを発揮するのは、海外と取引する企業の税務の法令解釈及び税務戦略のコンサルティングの部分です。




この部分については、ズバリ実務経験がモノを言うからです。kao18



法令解釈等のアドバイス業務の場合、国税時代に立法に関わった経験があり法律に非常に詳しいとか、難しい案件に立ち会った経験が豊富な人材リソースを保有することで、事務所のサービス力を高めていくわけです。



海外進出及び海外取引に付随する税務戦略や経営戦略業務の場合、大手の会計事務所で経験を積んだ人材や、上場支援やM&Aといった技術に長けたスタッフが重要なリソースになります。



海外の場合、現地の営業担当がトップを務めているケースも多い。そういった場合に、現地の役割と本社の役割を把握しながら、密にコミュニケーションを取り、かつ適切なアドバイスができるかどうか。

しかも、利益やキャッシュフロー、純資産利益率はどうかなど、指標に対する戦略も立てていく。icon14



技術開発型企業や製薬企業、企業形態が複雑なコングロマリット企業群など、こういったニーズは非常に強い。この分野の強化は、日本企業の競争力に直結する重要なテーマだと思います。

山形の税理士探しはお任せ下さい→詳しくはこちら  


Posted by タックス君 at 19:15Comments(0)

2009年08月25日

私だけが知っている隠れたいい税理士事務所



今回は、経営者の方にとって身近な存在であり、その選び方&活用の仕方によっては“強力なブレーン”にも“最強のコンサルタント”にもなる、税理士・会計士選びについて書いてみたいと思います。

経営環境がこれだけスピーディに変化する現代において、その勝敗を決する重要な要素の一つが、情報力です。icon06



ご存知の通り、税理士・会計士は自社の業態及び財務内容を熟知しているスペシャリストであり、税務決算はもとより、その数字の意味を捉え、知恵付けできる一番身近な存在です。



しかし、一方では平均年齢が65歳と言われるほどの高齢化が進み、世間とは少しずれたビジネスセンスを持った特異な人種とみなされている感があるのも否めない事実です。kao9



ところが、山形の税理士業界にも大きな変化が起きつつあります。その原動力は、全てのビジネスにも大きな影響力を及ぼしているインターネットです。pc



5年ほど前までは広告・宣伝も禁じられ、新規の顧客獲得もお客さんの紹介経由が主流だった時代から、今やユーザーが自ら情報を収集し、自ら税理士・会計士を選ぶ時代へと、大きなパラダイムの変換が起こっているのです。



ここでの大きなポイントは、サービス力とPR力ですf01



父親の代からお付き合いしているものの、税務決算以外何もしてくれない先生よりは、同業種のトレンドに詳しく、税務決算はもちろん、売上向上のノウハウや人の採用&マネジメントの仕方 、相続対策を教えてくれることがホームページ上でPRしている先生が選ばれる時代なのです。kaeru



インターネットによる情報のオープン化は、サービス力・価格の比較検討を促進します。そしてその結果、顧客の流動化が進みます。会計事務所は山形にたくさんありますが、自社の経営ステージにとって一番ふさわしい税理士事務所を選ぶことは、今や重要な経営戦略なのです。



そして、そのための適切な判断基準を収集・設定することが、競争力を高める基盤の一要素になるのです。

山形で親身に相談できる税理士さんを探してる方は→こちら

  


Posted by タックス君 at 17:33Comments(0)

2009年08月25日

電話帳から税理士を探すのはもう古い



会社がスタートすると、次から次へと初めて経験する問題が降りかかります。

経理・会計上の問題はもちろん、人を雇うべきかもう少し先にした方が良いのか、資金調達をすべきか・その場合どの金融機関に打診したら良いか、事業計画作成を手伝ってくれるか?

そんな問題に親身になって相談に乗ってくれるのか、或いはメールを打っても回答が遅いのか?


とかく駆け出しの企業は、報酬料金の安さや、距離が近いといった安易な理由で顧問契約をしてしまいがちですが、良い税理士は社長の右腕となり、会社の発展に力を発揮してくれることになります。face06




「この人ならフットワークが軽く、何でも話せそうだkao18」という税理士に巡り会うまで、たくさんの税理士と会い、報酬、サービスの相談をする、という手順を踏むことが大切なのです。



山形で親身に相談できる税理士さんを探してる方は→こちら  


Posted by タックス君 at 16:38Comments(0)

2009年08月25日

ホームページを見て、ぴったりの税理士事務所がわかりますか?



税理士事務所のホームページを見れば、下記のことがわかります。

・報酬料金やサービス内容
・税理士事務所の得手不得手



ところが、一度は契約したものの他の税理士事務所に変更を余儀なくされるケースで一番多いのが、「人柄・相性の相違」と言われています。kao1

ここは面倒くさがらず、出来るだけ多くの税理士に会い、人柄、相性、自分との価値観、年齢、得意分野などをしっかり自分の目で確認することが大切になります。




山形で税理士さんを探してるが時間がない方はこちら

  


Posted by タックス君 at 16:36Comments(0)

2009年08月25日

税理士探しがもっと楽しくなる



税理士の選び方は主に3つの方法があります。

1.「税理士無料紹介サイト」を使い、条件にあった税理士を紹介してもらう方法。

2.担当エリアを区切ったり、専門・特異分野を指定して検索を行い、各税理士事務所のHP経由でコンタクトを取る方法。

3.既に会社を立上げている先輩・友人から税理士を紹介してもらうという方法。

いずれにせよ、その税理士事務所がホームページを持っているかどうかが重要なポイントになります。
なぜなら、いざ会社経営が始まり、月次報告や事業計画書、キャッシュフロー計算書などをもとに税理士のアドバイスを受ける際、顧問税理士がメールもまともに打てない、ファイルを添付して資料のやりとりもできないようでは、忙しい社長業の足をひっぱりかねません。

しかし、ホームページを持ってない税理士事務所がまだ多いのも事実です。

税理士は「先生」と呼ばれてきましたが、お金を払うのは企業側です。税理士業とはサービス業であることを認識し、会社発展のために親身になってくれる税理士を探すことが大切です。

山形で税理士さんを探してる方はこちら

  


Posted by タックス君 at 16:14Comments(0)

2009年08月25日

失敗しないための会社設立



一般企業のサラリーマンには税理士と知り合う機会はほとんどありません。face07




しかしいざ起業し、目標に向かって一歩踏み出そうという時、会社設立、登記、資本金の決定等わからないことばかり。具体的にどんな流れで税理士を探し、顧問契約を結べばよいのでしょうか?kao9




会社の「会計」、「税務」、「経営指南」の面で、特に創業期の苦しい時期のパートナーとなり得るのが税理士です。icon01




山形にはたくさんの税理士事務所がひしめき合っている中、あなたに最適の税理士をどうやって探し出すか?buta



これから会社を経営していく中、とても大切な決断となります。


山形で税理士さんを探してる方はこちら

  


Posted by タックス君 at 16:11Comments(0)

2009年08月25日

税理士探しについて

はじめまして。

100年に一度の不況の中、一念発起して、地元山形で起業される方を応援したいと思い、このブログを作りました。
よろしくお願い致します。


山形で税理士さんを探してる方は→こちら

  


Posted by タックス君 at 16:10Comments(0)